地域と繋がる地域を考えるKAWARAプロジェクト

「普段の生活で“大切なこと”を見落としていませんか?」という視点をもち、教科の「枠」を超え、学校の敷地から飛び出します。地域の方々との交流により地域を理解し、地域の課題を発見。

KAEWARAプロジェクトは、教科のテストのように「全問正解100点」を目指すのではなく、絶対的な正解はないという前提に立ち、課題解決に向かって自分と仲間で一緒に考え、実践を通して学ぶ活動です。

1年次

地域や社会とつながる自分を自覚しよう!

1年次のKAWARAプロジェクトでは、まず自分自身や地域を知ることで「江津高校生」としての基盤を築きます。

【わくわくエンジンプログラム】

地域や学生のわくわくナビゲーターの皆さんと自分の中にある「ワクワク」をさがし、「自分らしい未来を選択する力」を育みます。

わくわくエンジンプログラム

【地域の方々(卒業生)のお話】~社会に出てみて気づく、学生時代に取り組んでおきたかった事~

江津高校の卒業生でUターンをし、地域に根付いたお仕事をしている方々に「高校の時にやっておいたほうが良いこと」「仕事を通じて取り組んでいる地域課題」のお話を頂きました。

地域の方々(卒業生)のお話

【職業人講話】~自分に合った色々な選択肢を大切に~

江津地域で活躍する職業人講話では、美容院・製造業・農業・医療・保育・公務員・IT・福祉・ジャーナリスト・ドックトレーナーなど色々な分野の生の声を聞きました。

【職場訪問】~体験を通じて地域の魅力や課題に触れよう~

江津ビジネスプランコンテスト出場者やGO▸つくる大学の教授など江津の創造力をもった大人たちとつながり、体験を通じて地域の魅力や課題に触れ、自分事と考えられるテーマを探します。

職場訪問

 

2年次

仲間と協働して課題解決のプランを形にしてみよう!

2年次のKAWARAプロジェクトでは、1年次に考えた地域の魅力向上や地域課題の問題解決のためのプランを形にして実行します。課題解決への構想を形にする体験により自身の成長につなげます。また、宿泊研修、上級学校や企業訪問を通じて将来の進路決定に向けて考えを深めていきます。

2020年度は都野津駅100周年に向けて9つのプロジェクトに分かれて活動しました。

駅プロジェクト

地域の方を巻き込んで駅待合室のペンキ塗りワークショップや駅にあったらいい物販などをアンケート調査してイベント時に販売した。駅に人が集まることの可能性を感じました。

駅プロジェクト

広報プロジェクト

100周年に向けて全校生徒・先生・地域の方々を巻き込んで100日カウントダウンの撮影に協力してもらい、江津高校のFacebookページやInstagramでの発信をおこないました。

広報プロジェクト

保育プロジェクト

100周年に向けて地域の小学生と一緒に手形&折り紙アートの活動を行いました。そして、駅のイベントの際には小学生と記念クッキーづくりなどを行い活動を通じて地域の発展に関心が深まりました。

保育プロジェクト

コケプロジェクト

地域の方に指導をいただきながら、校内で苔栽培に挑戦。駅のイベントや100周年イベントでコケストラップを販売。また江津「未来人材」研究発表会にも参加し、コケの魅力を広げる機会を作り出しました。

コケプロジェクト

 

3年次

総合学習の学びはこれからも生かされる!

生徒知れぞれが自分の将来に向き合い、積み上げた経験を活かして、進路決定に向けて具体的な歩みを進めていきます。

総合的な探究の時間

本校の「総合的な探究の時間」は「地域・社会に積極的に関わり、視野を広げて思考力の深化、総合化を図ることで、地域・社会の課題を自ら考えて解決に向けて挑戦すること」を目標に、教科の「枠」や学校の「枠」を超えて学んでいます。

「KAWARAプロジェクト」は平成30年度より、島根県の教育魅力化推進事業として行っています。

KAWARAプロジェクトとは

 社会が目まぐるしく変化する現代では、目の前にある課題の「正解」を探すのではなく、課題解決に向けて改善や修正をして得られる「修正解」や多くの人が納得するような「納得解」などを見出していく力が必要です。

 江津高校では、地域の課題を発見(FIND)し、その解決に向けたアイデアを考え(THINK)、プランを練り(PLAN)、実践(DO)を通した中で学びます。また、一人でできないことでも、仲間との「集合知」によってアイデアやプランが生まれます。チームをでの活動をとおして、様々な価値観を理解し相手の意見を尊重することや仲間との協働してチームで解決することを体感していきます。「KAWARAプロジェクト」の活動で得た知識や経験は、これからの時代を自分らしく生きるためにきっと役に立つでしょう。

 「地域と社会への理解を深める」「自分自身への理解を深める」「社会とのつながりを意識して将来を考える」という3つの探求を通して、自分自身を理解し、成長させるプロジェクトを目指しています。