校長あいさつ

*校長 宮島 忠史
校長 宮島 忠史

新しい年度の始まりにあたり、ひとことご挨拶申し上げます。

 本校を進学先として検討している中学生及びその保護者のみなさまへ。

 

 多感な十代後半をどこでどのように過ごすかは、人生の舵の切り方を大きく左右します。見渡す限りの日本海の水平線と大空のキャンバスいっぱいに燃え盛る豪壮な夕日。江津高校の生徒は毎日、この雄大な景観の中で志を育み、成長しています。国内外で一万人を数える卒業生の活躍は、この水平線と夕日にその原点がある、と私は信じています。

 力量ある教職員スタッフに加えて、全校生徒約200人という学校の規模は、生徒一人一人を丁寧にサポートするのに最適です。部活動もひととおり揃っており、学業と部活動に打ち込める環境が江津高校には用意されています。この教育環境を自らの成長にどう活かすかは、みなさん次第です。サイズは小さくともクオリティの高い環境の中でどこまで成長できるか、江津高校はチャレンジする生徒のみなさんを待っています。

 

地域住民のみなさまへ。

 

 江津高校では、生徒が地域のことを学び、自分のこととしてキャリア形成に活かせるよう、学校と地域社会との連携の中で生徒がみなさまと出会う機会を大切にします。将来は地域を支え、社会に貢献したい、という志を高校生はどのように育んでゆくのでしょうか。人との出会いこそが、高校生の心に火を灯すものと思います。みなさまとの出会いに心を響かせ、感じて動き始める江津高校生が一人でも多く生まれることを願ってやみません。

 

江津高校を支えていただいているすべてのみなさまへ。

 

 昨年の創立60周年記念事業では物心両面から多大なご支援をいただきました。おかげさまで予定していた記念事業はほぼ所期の目標を達成できました。ありがとうございました。江津高校は、創立の原点に立ち返りながらも新しい時代に適応できるよう引き続き「脱皮」を旗印に掲げて歩んで参ります。ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


  
平成31年4月 校長 宮島 忠史

08352